アマチュアSEの勉強ブログ

アマチュアSEと一緒に勉強しましょ

【初心者向け】VLANってなに?

ここでは「VLAN」について勉強していきましょう!

【ゴール】

「VLANって〇〇のことで、〇〇することができるんだ!」といえるようになること!

 

さて、ポイントはこの3つ!

  • 「Virtual LAN」の略
  • 仮想的なLANセグメントを構築する技術のこと
  • レイヤー2スイッチで仮想的にブロードキャストドメインを分割可能

この3ポイントについて解説していきます!

 

 

 

VLANとは

VLANとは

「Virtual Local Area Network」 の略。

仮想的なLANセグメントを構築する技術のこと。

もっと簡単に言うと、仮想的なレイヤー2スイッチを構築する技術のこと。

 

そもそもレイヤー2スイッチとは?

       f:id:amateurSE:20210809124305j:plain写真は Cisco スイッチ SG-110-16

レイヤー2(データリンク層)レベルでデータの行き先を振り分けてくれるネットワーク機器のこと。

VLANの仕組み

VLANの仕組み

 VLANという仕組みを使えば、1台のレイヤー2スイッチの中に、
まるで複数台のレイヤー2つスイッチがあるように構築することができます。

まずは下の図を見てください。

f:id:amateurSE:20210809134916p:plain

 

図では、
物理的には、レイヤー2スイッチは1台しかないが、
中身を分割して、仮想的な2台のレイヤー2スイッチを作っています。

VLANとは、「仮想的なLANセグメントを構築する技術」でしたね。

「仮想的なLANセグメント」=「仮想的なレイヤー2スイッチ」というのはこういうことでした。

VLANという仕組みを使うことで、意図しないPC間の通信を防ぐというセキュリティ上のメリットがあります。

ブロードキャストドメインの分割

先ほど、VLANは1台のレイヤー2スイッチの中に「仮想的なレイヤー2スイッチ」を構築することができるといいましたね。

それはつまり、ブロードキャストドメインも分割することが可能ということなのです。

f:id:amateurSE:20210809151036p:plain

そもそもブロードキャストドメインとは?

 レイヤー2スイッチに繋がっているすべての物にデータを送ることをブロードキャストといいます。

そのブロードキャストが届く範囲をブロードキャストドメインといいます。

 

f:id:amateurSE:20210809154831p:plain

 まとめ

 

ここでは「VLAN」について勉強しました!

「VLAN」について聞かれたときは、下記を言えるようになりましょう!

VLANとは、仮想的なLANセグメントを構築する技術のことで、

レイヤー2スイッチで仮想的にブロードキャストドメインを分割することができる。

 

 また、こちらもまとめておきます。参考までに!

【VLANという仕組みを使っていない場合】

  • レイヤー2スイッチに繋がれたPC同士は通信できる
  • 異なるレイヤー2スイッチスイッチに繋がれたPC同士は通信できない

【VLANという仕組みを使っている場合】

  • 同じレイヤー2スイッチに繋がっていても、
    LANセグメントが異なるPC同士は通信できない
  • 同じレイヤー2スイッチに繋がっていても、
    LANセグメントが同じであるPC同士は通信できる